物件13「十三次元画廊」攻略

ネタバレ情報です。

攻略の答えを知りたいときに見てください。

 

エントランス

壁に色の違うボックスを持ったキャラクターが4体描かれています。G,P,R,Yと書かれていますが、ボックスの持ち方がそれぞれ違います。これはキーボード上の位置関係を示しています。例えば黄色のキャラクターは「P」ですが、手元のキーボードをよく見ると黄色のボックスの位置には「O」があります。それぞれの色に対応するコマンドを見つけ、メモしておきましょう。

向かって右側の壁に描かれたピエロは、色付きのボールをジャグリングしています。ボールの色に従って左から順番に入力すれば…と思ってしまいますが、いったん間取り図を見てみましょう。ボールが坂道を転がっていくような図が描かれています。転がったボールは、先頭から順に穴にはまっていきます。穴に書かれた数字の順番と、ボールに描かれた図形と色を対応させ、呪文を唱えていきましょう。

ホワイトキューブ

壁に書かれた5桁の呪文は、最初の部屋に戻るためのものです。メモしておくとよいでしょう。その左側の壁には、人が積まれた箱を押している絵が。またも間取り図を開くと、似たような絵が描かれています。押された箱は順に穴に落ち、はまっていきます。数字の書かれた位置に何色の箱が来るのか推理し、色と対応するコマンドを見つけ、数字にあてはめましょう。左側の「I」を1番目に右側の「A」を5番目につければ次の部屋への呪文の完成です。

メインギャラリー

メインギャラリーには、色の無いフルーツの絵が描かれています。それらが本来何色のフルーツなのかを考え、色に対応するコマンドを入力しましょう。彩色魔法イロドールが発動し、フルーツは色を取り戻します。
フルーツの横にはまた別のヒントがあらわれています。菱形のまわりに番号が振られています、メモしておきましょう。

彩色魔法 イロドール

イロドールを習得したら、最初の部屋に戻ってみましょう。色のないピエロの絵があります。ここでイロドールを使用してみると、ピエロの持つボールに描かれた灰色の菱形の中に、色付きの三角形が現れます。三角形の向きと色をメモしておきましょう。次に二つ目の部屋、ホワイトキューブでイロドールを使用すると、壁に書かれた5桁の呪文に色と番号がつきます。この色は、先ほどの色付きの三角形と対応しています。そしてメインギャラリーで見つけた菱形と番号のヒントをもとに、コマンドを並べていきましょう。これが攻撃魔法の呪文となります。

 

正解のコマンドは、、

移動魔法「エントランス KLOUN
移動魔法「ホワイトキューブ」 FUTO
移動魔法「メインギャラリー」 IUOTFA
彩色魔法「イロドール」 TOFU
攻撃魔法「ハジケール」 LOKUN